建設業の業種29種類を解説
[板金工事編]

板金工事業

板金工事

皆さんこんにちは。行政書士の岩田です。いつもブログを見て下さり、大変に有難うございます。
今回は建設業29種類のうちの『板金工事編』を簡単にですが、解説して行きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

板金工事とは

板金工事とは、金属薄板等を加工して工作物に取り付け、又は工作物に金属製等の付属物を取り付ける工事のことをいいます。板金加工取付工事や、建築板金工事のことです。

世間一般的に『板金』と言えば、自動車整備工場など事故等で凹んでしまった車のボディを元通りに直す作業を総称して、板金修理などと呼ばれていますが、ここでいう板金工事は、建設業の業種としての板金を指します。

主に薄い鉄板を、切断や折り曲げたりして様々な形状に加工し、建築物に取り付ける工事のことです。外壁や雨どい、厨房用の金物、ダクト、天蓋などを取り付けたりする工事ですね。

板金工事と屋根工事の違い

業種によって区別をつけるのが難しいものとして、板金工事と屋根工事があります。
同じような材料でもあっても、屋根に金属板を取り付ける作業は『屋根工事』に分類されますので、注意が必要です。

専任技術者となれる資格や要件

建設業許可を取得する場合、専任技術者要件と言う最も大事な要件をクリアしなければならない問題が、発生します。鉄筋工事業の専任技術者は下記の有資格者でなることが出来ます。

しゅんせつ工事業の専任技術者要件(資格取得例)
技術検定 一級建築施工管理技士 ◎(特定建設業)
二級建築施工管理技士 〇(一般建設業)
技能検定 建築板金(選択科目「ダクト板金工事」) 〇(一般建設業)
工場板金 〇(一般建設業)
板金(選択科目「建築板金作業」)・建築板金(選択科目「内外装板金作業」)・板金工(選択科目「建築板金作業」) 〇(一般建設業)
板金・板金工・打出し板金 〇(一般建設業)

 

◎は特定建設業と一般建設業の両方を兼ね揃えるもの。
〇は一般建設業のみ。
※特定建設業の専任技術者は◎の者と、大臣特任の者いずれかになります。

 

次に指定学科を卒業している者も専任技術者になる事が可能です。

「土木工学」「機械工学」
に関する「指定学科」を卒業する。

  • 指定学科を卒業した、高卒5年以上、大卒3年以上の実務経験があれば、専任技術者の要件が当てはまります。
  • 指定学科を卒業していない場合
    10年以上の実務経験があれば専任技術者なれます。※ハードル高い

最後に

この記事を書いた行政書士
岩田雅紀

最後まで読んで下さり、大変に有難うございました。

と言う事で、板金工事業で専任技術者を目指す方、建設業の取得をお考えの方で、もう少し詳しく知りたいと思った方、前向きに建設業取得を考えているが、プロセスが分からない方、当事務所にお気軽にお電話下さい。ご一緒に建設業取得へ向かって参りたいと思います。お客様と共に前へ!

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-507-9904
受付時間
09:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-507-9904

<受付時間>
09:00~18:00
※土曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

行政書士岩田雅紀事務所

住所

〒207-0003
東京都東大和市
狭山4丁目1521番地の3

アクセス

西武線武蔵大和駅徒歩10分
駐車場:有り(1台)

受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日